商材ではなく、私自身を
価値と感じてもらえるように

  • 2013年入社
  • MASAFUMI ICHIKAWA
  • 市川 昌史

自分の仕事を胸を張って説明したい

大学を卒業して、研究員として働いていました。研究していた分野は、皆さんの日常生活に関わる様々な製品へ活用されるモノだったのですが、研究結果を提供するだけで実際に商品化されたものを私は知ることができませんでした。「私が作った商品はこれだ」という説明が周りの人にできず。。。そのように説明できる職に就きたく、転職を決意しました。まさか営業を担当することは夢にも思っていませんでしたが、最初から苦手と決めつけることが嫌いな性格なので未経験ながらも頑張ろうと思い、営業職として入社を決意しました。

英語を自発的に学べる環境を作る

プライベートでは旅行が趣味で、海外へ出かけることが多くあります。海外旅行に行くと、英語が話せることで自分自身の世界が大きく広がるといつも実感します。村上実業では、海外にも現地法人があり英語でのやり取りが必然的に多くなります。自分の英語力はまだまだですが、自発的に英語を学べる環境に身を置きたかったというのも、村上実業へ入社したきっかけです。
英語が話せる人が多い村上実業では、ついていくのが大変ですが、メールでの文章のやりとりから慣れていき、徐々に英語での会話もできるようになってきました。

扱う商材だけでなく、サポートで付加価値をつけていく

今の業務は航空機に関する塗料や、接着剤、いわゆるケミカル製品の営業を担当しています。塗料と言っても外装の他、内装や、サビ防止のものなど様々です。中には、成分に毒薬が含まれている場合もあり、私のような有資格者でないと取り扱えないモノもあります。
ケミカル品は、航空機部品の設計図やマニュアルでメーカーが厳密に指定されていることが多いです。そのため商材で優位性を出すのは難しく、私は日々のサポートや、トラブルの際の対応の早さなど、別の部分で付加価値が出せるように努めています。
特に、私の営業所は近場に工場を構えているお客様が多く、立地の良さを生かして、定期的に訪問しています。その際、営業担当だけでなく、製造現場の方の方ともコミュニケーションをとるように心掛けています。結果、元々どのお客様とも長く付き合いがありますが、さらにその中でも新しい塗料が必要になった際などは、村上実業にご相談をいただけるようになりました。

オールマイティーに全ての業務をこなせるように

私のいる大阪営業所は、他と比べて人員が少ないため「全員がオールマイティーに業務をこなせる」という目標を持って仕事をしています。ですので、資格取得などの際は会社からサポートがあります。今ではケミカル品をメインとしていますが、最近では少しずつ部品や工具の営業も行うようになってきました。少ない人数で、大阪営業所を盛り上げていくためにも、未経験の分野にも積極的に手を伸ばし、学んでいく必要があります。

DALIY SCHEDULE

1日のスケジュール
08:45
出社 / 社内での事務作業

朝は毎日のタスクを整理し優先度を決める。
午前中の早い時間は海外、遅い時間は国内と時間を分けて対応することで、英語対応/日本語対応と切り替えることができ効率的。

11:00
外出 / メーカー訪問、工場訪問

お客様の元へ納品物などを持っていく、その際に現場の人と話し、新しい課題や相談をヒアリング。

17:00
会社に戻り事務処理など

会社に戻り、注文書の作成など事務処理

17:30
退社

繁忙期に残業になることもあるが、プライベートも重視し基本的に定時で退社。その後、趣味であるゲームやトレーニング、友人との食事を楽しむ。

転職を考えている皆様へ

Sales job was challenge for me. And Murakami Jitsugyo is trading company, so actually I’m faced with a problem sometimes. But my co-workers support me in various situations so I work fun at Murakami Jitsugyo now. And I think that you can get enough support when you join our company.
All products we sell to our customers relate to aircraft. Therefore, you might get motivation whenever you see some aircrafts.
It might be a turning point for my life that I join Murakami Jitsugyo. Honestly, I didn’t like English so much and I had thing such as allergy for English before I work here. But I don’t think I have an allergy to English anymore because I can feel closer to English since I started working here.
I hope that what you join our company become a catalyst for you and you can get a chance to grow up.