MESSAGE

年目の変革。
ムラカミはオープンな組織へ。

日本の航空機製造の
ほぼ全てに村上実業が関わっています。

村上実業という商社を知っていますか?
あまり聞いた事がないという方もいらっしゃるかもしれません。
村上実業は航空業界専門の商社。航空業界の大きな取引では村上の名前が出てきます。

航空機の主要パーツの取引の大半は村上実業が関わっています。
構造部材(骨組み)の組み立てはもちろんのこと、機体内部の油圧制御装置や電子機器、
それらを検査する検査機などを取り扱っています。

HISTORY

1964年創業
日本の航空機産業成長の波に乗り
大きく躍進

ボーイングのB777やB787における製造部位の拡大、防衛省の大型機C-2の開発など日本の航空機産業は大きく成長しました。先代の社長がいち早くその業界へ関わり、村上実業は従業員数80人で売上高150億円への会社へと成長しました。

若手の採用を強化
20年後も戦える組織を目指して

航空業界が拡大した現在。今までのピラミッド型組織では、お客様の多様なニーズに応える事が難しくなりました。そこで社内の体制をオープンにする事で、階層を少なくし、新人でも上下関係を気にせず発言できる組織に変更しました。

TEAM

あなたの実力を最大限に生かせる
個々が考えスピーディーに実行できる環境へ。

30代中心の構成
現場の意見も重要視される
個人の動きを互いにサポートする
小規模チーム編成
IDEAL CANDIDATE

大きな仕事を動かしたい、責任も行動力もある
「かしこいタフ」を求む

「交渉が多い商社。大事なのは長期間にわたって作る関係性づくり。」

誠実であることが重要ですが、従順であることが良いというわけではありません。自分の信念を持ち、誰にでもわかりやすく意見を伝えることが重要です。
また、取り扱う商材は億単位の高額設備や工具もあり、大規模な設備は1基の導入に3ヶ月から1年かかる事もあります。
一度据え付けたら30年以上使用することもあり、大変責任のある仕事です。

TOUGH
タフさ

商社はお客様とメーカーとの板挟みになる仕事。調整は大変ですが、両者の意見をまとめ、いかに良い落とし所を決めるのが腕の見せ所です。お客様とメーカーへ無理とはっきり言う場面もあります。

SMART
かしこさ

様々な国(アメリカ・ドイツ・スペイン・ベトナムなど)と仕事を行います。英語力も必要ですが、むしろ異なる文化・考え方の人からの要求を正しく理解し、伝えられること大切です。

TOP MESSAGE

村上実業の目指す姿

社長として私の欲しい人材は、ズバリ「覚悟がある人です」。航空商社というと華やかなイメージがあるかと思われますが、実は機体同様に質実剛健な世界です。例えば「traceability」(追跡)が最も要求される仕事です。飛行機の故障は絶対に許されませんが、もしそれが起きてしまった場合、2度とそれが起きないように原因究明しなければならないからです。我々はそんな中、53年間生き延びて参りました。
しかし、社会は変化し、ますますオープンでスピーディーな時代に突入しており、当社も今までの会社のあり方(topdown)では対応できなくなってきています。そこで私が提唱しているのはteamworkによる仕事であり、openなorganizationです。またシステムがますます発達する一方で、私が最も大切に考えていることは、「人」であり、「REALなコミュニケーション」です。現在、大阪ー名古屋ー東京ーロサンゼルスを中心にマネージメントが次世代(40歳前後)に引き継がれている真っ最中です。これにより時代対応を図り、会社の成長を促し始めています。
もし当社にご興味を持って下さったら、先ず、この次世代とコミュニケーションして会社の可能性を感じて下さい。自分の居場所がここにあるのかどうか探って下さい。航空業界で、商社で、そして村上実業でREALに成長したいと覚悟を決めた方と一緒であれば、このダイナミックに変革する時代を駆け抜けることができるでしょう。ご応募をお待ちしております。

代表取締役社長
村上 譲治